25日、北海道苫小牧市のノーザンホースパークで、当歳馬市場と繁殖牝馬市場を同じ日に行う「ノーザンファームミックスセール2022」(主催・ノーザンホースパーク)が開催された。

 当歳馬38頭(牡21、牝17)、繁殖牝馬67頭(受胎馬43、空胎馬24頭)が上場され、当歳馬は売却率100%。繁殖牝馬も61頭(受胎馬40、空胎馬21)が取引され、総額28億4900万円(税別)を売り上げた。

 当歳馬の最高価格は今年のダービー馬ドウデュースの半弟「ダストアンドダイヤモンズの2022」(牡、父リアルスティール)の8600万円。兄も所有する(株)キーファーズによって落札された。また、繁殖牝馬の最高価格は未供用馬アルモハバナ(3歳、父キングカメハメハ)の4900万円(税別)。年度代表馬ジェンティルドンナのめいにあたる血統でYusheng Zhang氏によって落札された。