11月3日(祝・木)に盛岡競馬場で行われるJBCスプリント(3歳上・JpnI・ダ1200m)。ダートNo.1スプリンターを決する一戦に全国から快速馬が集結した。

 出走する14頭のうち12頭が重賞勝ち馬で、残るヘリオスは重賞で2着4回の実績があり、スマートダンディーもOP4勝馬。中央・地方ともに素晴らしいメンバーが揃った。出走予定日時は11月3日(祝・木)の17時20分。主な出走馬は以下の通り。

■レッドルゼル(牡6、栗東・安田隆行厩舎)

 昨年金沢で行われたJBCスプリントは初の一周競馬に難なく対応し3馬身差の圧勝を飾る。今年はフェブラリーSから始動し6着に入ると、3月には再びドバイ遠征を敢行しドバイGSで2年連続の2着。世界に通用する能力の持ち主であることを証明した。帰国初戦の東京盃は他馬より2kg重い斤量を跳ね除け快勝。今年は実績が多数有るワンターン戦ということもあり、連覇に懸かる期待は大きい。

■ダンシングプリンス(牡6、美浦・宮田敬介厩舎)

 強靭な逃げ脚を武器に勝利を重ねる快速馬。昨年12月のカペラSで重賞初制覇を飾ると、今年2月にはサウジアラビア遠征を敢行し、後にドバイGSを制すスイッツァランド(Switzerland)らを相手に5.3/4馬身差の圧勝を飾った。帰国初戦の北海道SCでは門別の深い砂に対応して、中央→海外→地方で重賞3連勝を飾る。クラスターCではスタートで大きく躓き4着に敗れたが、今回は巻き返して待望のJpnIタイトル奪取に臨む。

■テイエムサウスダン(牡5、美浦・蛯名正義厩舎)

 2歳時にも兵庫ジュニアGPで重賞を制したが、古馬になると本格化。昨年3月の黒船賞を皮切りに今年1月の根岸Sまで重賞4勝を飾り、短距離路線のトップホースへと成長した。その後はフェブラリーS、かしわ記念で2、3着とGI/JpnIの舞台でも好走を見せて、今夏に蛯名正義厩舎へ転厩。前走の東京盃は2歳時以来となる1200m戦に対応し2着に好走している。新鋭厩舎に初タイトルをもたらすか。

■プライルード(牡3、大井・藤田輝信厩舎)

 姉に福島牝馬Sの覇者アナザーリリック、伯父に目黒記念連覇やメルボルンC2着などの実績を持つポップロックがいる良血馬。2歳時から全国区での活躍を見せ、全日本2歳優駿では地方馬最先着を果たした。今年春の南関東牡馬クラシックでは結果が出なかったが、優駿スプリントを2馬身差で快勝。続くアフター5スター賞では3馬身半差で古馬を撃破し、短距離への高い適性を発揮。連勝中の勢いに乗ってグレードタイトルを掴むか。

■キラットダイヤ(牝5、岩手・板垣吉則厩舎)

 JRAで2勝を挙げ、今年の春に岩手競馬に移籍すると重賞7勝の大活躍。特に盛岡1200mの舞台では5戦して「6馬身差」「10馬身差」「10馬身差」「10馬身差」「7馬身差」と他馬と圧倒しており、地元馬同士では一枚力が抜けている印象だ。今回がダートグレード競走初挑戦。地元の筆頭格として、2002年南部杯のトーホウエンペラー以来20年ぶりの岩手所属馬によるJpnI制覇に挑む。

 その他にもマイルCS南部杯の2着馬ヘリオス(セ6、栗東・寺島良厩舎)、短距離重賞の常連リュウノユキナ(牡7、美浦・小野次郎厩舎)、ダートグレード競走で活躍続くティーズダンク(牡5、浦和・水野貴史厩舎)、兵庫勢初のJpnI制覇が懸かるイグナイター(牡4、兵庫・新子雅司厩舎)などが出走する。