日本調教馬による快挙達成から早1年。現地11月4日から5日(日本時間6日早朝)にかけて、アメリカ・ケンタッキー州のキーンランド競馬場でブリーダーズカップが開催予定だ。

 当記事では、昨年のBCフィリー&メアターフを制した名牝ラヴズオンリーユーの蹄跡を振り返る。

 デビューから4戦無敗で2019年のオークス馬となり、以後も中距離重賞路線で存在感を示した。2年連続でJRA最優秀短距離馬に輝いたグランアレグリア、宝塚記念連覇を含むグランプリ3連覇を果たしたクロノジェネシスなど同世代の強豪牝馬が大活躍するなか、昨年の京都記念で復活の勝利を挙げた。

 京都記念制覇後、海外遠征を敢行しドバイシーマクラシックで3着に好走。そのまま香港へ転戦し、クイーンエリザベス2世カップで海外G1初制覇を果たした。その後、札幌記念への参戦を経てアメリカへ遠征。川田将雅騎手とのコンビでBCフィリーズ&メアターフに出走し、凱旋門賞馬ソットサスの半妹My Sister Natや地元の芝路線で快進撃を続けていたWar Like Goddessなど、強豪馬を退けて『日本調教馬史上初』となるブリーダーズC制覇を成し遂げた。

 快挙達成後も帰国せずに香港へ。12月の香港カップを完勝し、同年のJRA最優秀4歳以上牝馬を受賞、またアメリカの年度表彰である『エクリプス賞』においても最優秀芝牝馬に輝き、通算成績16戦8勝で競走馬生活に幕を下ろした。日本、ドバイ、香港、アメリカの4ヶ国でG1を勝利、1年のうちに海外G1を3勝するのは日本馬初の快挙だった。

 ラヴズオンリーユーは父ディープインパクト、母ラヴズオンリーミー、母の父Storm Catという血統。全兄には2016年のドバイターフ覇者リアルスティールがいる。

 三代母ミエスク(Miesque)は1980年代後半の欧州マイル戦線を代表する名牝で、現役時代にはG1・10勝の実績を残している。母としても優秀で、後世の競馬に多大な影響を与えた大種牡馬キングマンボ(Kingmambo)や、1994年の仏二冠牝馬イーストオブザムーン(East of the Moon)などを輩出した。ラヴズオンリーユーの二代母モネヴァッシア(Monevassia)はキングマンボの全妹にあたる。

 また、同じ一族からは2018年のジャックルマロワ賞を含むG1・4連勝を果たしたアルファセントーリ(Alpha Centauri)や、日本で生産されフランスで現役生活を送りG1・3勝を挙げたカラコンティ(Karakontie)、欧州産まれのディープインパクト産駒として2018年の仏ダービー馬となったスタディオブマンなどが出ている、申し分ない超良血馬だ。

 初年度の交配相手はエピファネイア。現在はお腹も大きくなり、ここまで順調にきているとのこと。2023年春に出産予定だ。