前走の京都大賞典(GII)で6着だったアイアンバローズ(牡5、栗東・上村洋行厩舎)は、12月3日に中山競馬場で行われるステイヤーズS(3歳上・GII・芝3600m)へ向かう。鞍上は引き続き岩田望来騎手が務める予定。

 アイアンバローズは父オルフェーヴル、母パレスルーマー、母の父Royal Anthem。半兄に2013年のベルモントS(米G1)などを制し種牡馬としても活躍するパレスマリス(Palace Malice)、半弟に今年の神戸新聞杯(GII)を圧勝し菊花賞(GI)でも3着に好走したジャスティンパレスがいる血統。

 2019年7月に新潟競馬場で行われた2歳新馬戦でデビュー。翌2020年2月の3歳未勝利戦で初白星を飾った。昨年4月から5月にかけて白鷺特別(2勝クラス)と緑風S (3勝クラス)を連勝しオープンクラス入りを果たすと、昨年12月のステイヤーズS (GII)では積極策を取り2着に好走。今年3月の阪神大賞典(GII)でも2番手追走から2着に粘り込み、天皇賞・春(GI)、宝塚記念(GI)と大舞台にも姿を見せている。通算成績は21戦4勝。