3日、盛岡競馬場で行われた第22回JBCクラシック(3歳上・JpnI・ダ2000m・1着賞金1億円)は、中団から進出した松山弘平騎手騎乗の1番人気テーオーケインズ(牡5、栗東・高柳大輔厩舎)が、逃げ粘る2番人気クラウンプライド(牡3、栗東・新谷功一厩舎)を直線半ばで交わし、最後はこれに2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分02秒1(良)。

 さらに1.1/4馬身差の3着に4番人気ペイシャエス(牡3、美浦・小西一男厩舎)が入った。なお、3番人気メイショウハリオ(牡5、栗東・岡田稲男厩舎)は5着に終わった。

 勝ったテーオーケインズは、父シニスターミニスター、母マキシムカフェ、その父マンハッタンカフェという血統。前走6月の帝王賞4着から巻き返し、昨年の帝王賞、チャンピオンズCに続くGI/JpnI・3勝目を挙げた。