5日、東京競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・ダ1600m・16頭)は、好位でレースを進めた横山和生騎手騎乗の4番人気オメガタキシード(牡2、栗東・松永幹夫厩舎)が、直線で内を突いて抜け出し、その外から追った6番人気キープブライトン(牡2、美浦・栗田徹厩舎)に1.3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分39秒6(良)。

 さらに3.1/2馬身差の3着に3番人気ニシノファンフェア(牡2、美浦・和田勇介厩舎)が入った。なお、2番人気カフジクロストリ(牡2、栗東・矢作芳人厩舎)は7着、1番人気エペ(牡2、栗東・清水久詞厩舎)は15着に終わった。

 勝ったオメガタキシードは、父ハービンジャー、母パーティードレス、その父デュランダルという血統。