スタニングローズに注目したい。紫苑Sと秋華賞連勝の勢いで、古馬との初対決も勝利することが出来るか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■11/13(日) エリザベス女王杯(3歳上・牝・GI・阪神芝2200m)

 スタニングローズ(牝3、栗東・高野友和厩舎)は5月のオークスで10番人気の伏兵評価を覆して2着に好走すると、ひと夏超して紫苑Sと秋華賞を連勝し世代の頂点に立った。その後も好状態をキープしており、古馬を撃破してのGI連勝に期待が掛かる。鞍上は坂井瑠星騎手。

 デアリングタクト(牝5、栗東・杉山晴紀厩舎)は2020年に無敗で牝馬三冠を達成。その後は怪我による長期休養もあって勝ち星から遠ざかっており、秋初戦となったオールカマーでも6着に敗れたが、牝馬同士となるここで復活の勝利なるか。鞍上は松山弘平騎手。

 ジェラルディーナ(牝4、栗東・斉藤崇史厩舎)は名牝ジェンティルドンナを母に持つモーリス産駒で、前走のオールカマーで惜敗続きにピリオド。7度目の重賞挑戦で初制覇を飾った。2・3歳時と比べて馬体も気性も成長しており、2歳時の阪神JF以来となるGI挑戦でも好勝負に持ち込めて良いだろう。鞍上はC.デムーロ騎手。

 その他、今年のオークスで3着、秋華賞で2着のナミュール(牝3、栗東・高野友和厩舎)、11年ぶりに外国馬出走となる今年の愛オークス覇者マジカルラグーン(牝3、愛・J.ハリントン夫人厩舎)、桜花賞5着、オークスでは4着だったピンハイ(牝3、栗東・田中克典厩舎)、前年の覇者アカイイト(牝5、栗東・中竹和也厩舎)、昨年のオールカマーなどGII・3勝の実績があるウインマリリン(牝5、美浦・手塚貴久厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。