ダノンタッチダウンに注目したい。デビュー2戦目も勝ってGIへ進めるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■11/12(土) デイリー杯2歳S(2歳・GII・阪神芝1600m)

 ダノンタッチダウン(牡2、栗東・安田隆行厩舎)は2020年のホープフルS勝ち馬ダノンザキッドの半弟にあたるロードカナロア産駒で、10月に行われた中京芝マイルの新馬戦でデビュー勝ち。着差こそわずかも、鋭い末脚を発揮して素質の片りんを見せた。兄の主戦でもある川田将雅騎手を鞍上に迎えデビュー2連勝を狙う。

 シルヴァーデューク(牡2、栗東・西村真幸厩舎)はシルバーステート産駒で、ここまで3戦1勝、3着2回。前走はサウジアラビアRCに出走し、大逃げが出る特殊な展開となりながら3着に食い込んだ。重賞出走歴があるのが自身だけというメンバー構成のここならチャンスだろう。鞍上はC.デムーロ騎手。

 その他、東京芝マイルで勝ち上がったファインニードル産駒クルゼイロドスル(牡2、栗東・高橋義忠厩舎)、ここまで3戦1勝のキズナ産駒ショウナンアレクサ(牡2、栗東・清水久詞厩舎)、中山芝マイルの未勝利を逃げ切ったオールパルフェ(牡2、美浦・和田雄二厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。