10月31日から11月6日の期間では、2020年の小倉大賞典を始め重賞3勝を挙げたカデナ(牡8、栗東・中竹和也厩舎)や、キーファーズ所有馬として初の国内重賞ウィナーであり、フランス遠征も行ったマイラプソディ(牡5、栗東・友道康夫厩舎)、2020年のフィリーズレビュー覇者エーポス(牝5、栗東・北出成人厩舎)らがJRA登録を抹消された。

 収得賞金200万円以上の抹消馬一覧は下記のとおり。

11月2日
アオイカツマ
ウインダークローズ
カデナ
サトノディーバ
シオミチクレバ
ジョウショームード
スマイルアモーレ
タマノジュメイラ
デトロイトテソーロ
ハイパーストーム
パイプライナー
バルドルブレイン
ブラックロータス
ミッドナイトバード
ラインメッセージ

11月3日
アンブローニュ
カトゥルスフェリス
ボンディマンシュ
マダムシュシュ
メイショウユリシス
ロンドンデリーエア
ローウェル
ワスカランテソーロ

11月4日
アンジュミニョン
アーヒラ
エルカスティージョ
エーポス
カンタベリーマッハ
コウソクスピード
ショーム
トルナヴァ
ビーカレイジャス
マイラプソディ
メイショウハナモリ
メイショウヤシャ
ルドラクシャ

11月5日
メイショウナパワン
モンサンイルベント

11月6日
ジャミールフエルテ
スピードオブラブ

(JRAのホームページによる)