今年の凱旋門賞を制し、ジャパンCに参戦予定だったアルピニスタ(牝5、Alpinista)が一転、同競走を回避し引退することが分かった。英競馬メディア『Racing Post』が報じている。

 同メディアによると、アルピニスタは調整過程で小さなケガを発症したとのこと。管理するM.プレスコット師は「残念ながら、ほんの少しケガをしてしまいました。JRAが素晴らしい準備をしてくれたにもかかわらず、本当に無念です」とコメントを残した。

 また、同師は今後について「引退して、生まれ故郷のスタッドに戻る予定です」と語り、所有するK.ラウジング氏のスタッドで繁殖馬になることを明かした。

 アルピニスタは父Frankel、母Alwilda、母の父Hernandoという血統。2019年7月にイギリスでデビューし初勝利をあげ、2021年7月のランカシャーオークスで重賞初制覇。この勝利を皮切りにG1の連勝が始まり、凱旋門賞やサンクルー大賞を含むG1・6連勝を果たした。通算成績は15戦10勝。