12日、阪神競馬場で行われた京都ジャンプS(3歳上・JGIII・障3140m)は、スタート直後から先手を取った黒岩悠騎手騎乗の1番人気ホッコーメヴィウス(セ6、栗東・清水久詞厩舎)が、そのまま先頭を譲らず逃げ切り、2着の10番人気マサハヤドリーム(セ10、栗東・今野貞一厩舎)に7馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは3分26秒2(良)。

 さらに3.1/2馬身差の3着に7番人気スマートアペックス(牡5、栗東・中村直也厩舎)が入った。なお、2番人気エイシンクリック(牡8、栗東・坂口智康厩舎)は4着、3番人気ヴァーダイト(牡5、栗東・音無秀孝厩舎)は7着に終わった。

 4番人気アルーフクライ(セ8、美浦・宗像義忠厩舎)、5番人気ジェミニキング(セ6、栗東・服部利之厩舎)の2頭は道中で騎手が落馬し競走を中止。完走は11頭だった。

 勝ったホッコーメヴィウスは、父ダイワメジャー、母ホッコーメモリー、その父ダンシングブレーヴという血統。障害重賞は、今年7月の新潟ジャンプS、9月の阪神ジャンプSに続いて3勝目。