マイルGIを3勝しているソダシだが、このレースに登録している他のGI馬4頭とはいずれも初対決。勝利してマイル王の座を確かなものにすることができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■11/20(日) マイルチャンピオンシップ(3歳上・GI・阪神芝1600m)

 ソダシ(牝4、栗東・須貝尚介厩舎)は今年のヴィクトリアマイルなどマイルGIを3勝している白毛のヒロイン。前走の府中牝馬Sに関しては最後差されて2着だったが、ここに向けた前哨戦という意味では上々の内容。阪神JF、桜花賞でGIを2勝している阪神マイルで強豪牡馬ら撃破を狙う。鞍上は吉田隼人騎手。

 サリオス(牡5、美浦・堀宣行厩舎)は2019年の朝日杯FSを優勝し、20年も皐月賞、日本ダービーで2着、毎日王冠を圧勝と活躍。その後はもう一歩の走りが続いていたが、今年6月の安田記念で3着、前走の毎日王冠で1着と、ここにきて勢いを取り戻しつつある。朝日杯FSを戴冠に導いたR.ムーア騎手との久々のコンビでGI・2勝目なるか。

 シュネルマイスター(牡4、美浦・手塚貴久厩舎)は昨年のNHKマイルCを制して世代のマイル王に輝き、古馬GIもマイルでは常に馬券圏内に好走。昨年のこのレースに関しても、グランアレグリアに食い下がって2着となっている。前走のスプリンターズSは初の1200mで流れに乗り切れず9着に敗れたが、得意の条件に変わって巻き返しを期待できるだろう。鞍上はC.ルメール騎手。

 その他、今年のNHKマイルC覇者ダノンスコーピオン(牡3、栗東・安田隆行厩舎)、前走の富士Sでマイル重賞3勝目を挙げたセリフォス(牡3、栗東・中内田充正厩舎)、今年のマイラーズC勝ち馬ソウルラッシュ(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)、関屋記念を勝利し3連勝中のウインカーネリアン(牡5、美浦・鹿戸雄一厩舎)、昨年の3着馬ダノンザキッド(牡4、栗東・安田隆行厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。