13日、佐賀競馬場で行われた第10回カペラ賞(2歳・重賞・ダ1800m・1着賞金400万円)は、好位後ろでレースを進めた石川倭騎手騎乗の2番人気ネオシエル(牡2、佐賀・真島元徳厩舎)が、4コーナーで先頭に立って後続を突き放し、2着の4番人気イチノコマチ(牝2、佐賀・平山宏秀厩舎)に4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分03秒9(稍重)。

 さらに1.1/2馬身差の3着に7番人気アストライオス(牡2、佐賀・手島勝利厩舎)が入った。なお、1番人気ミヤノウッドリー(牝2、佐賀・東眞市厩舎)は6着、3番人気モーモーレッド(牝2、佐賀・池田忠好厩舎)は8着に終わった。

 勝ったネオシエルは、父ケイムホーム、母サイタ、その父ネオユニヴァースという血統。重賞初制覇を飾り、通算成績を7戦3勝とした。