第5回東京開催の3週目も計4鞍のメイクデビューが組まれている。全体的に低調な顔触れの印象だが、先週の除外でスライドした良血馬の初陣に注目だ。

【11月19日(土) 東京ダート1400m】

◆クラッパーボード(牡、父ドゥラメンテ、母リアアントニア、美浦・黒岩陽一厩舎)

 リアアメリア(重賞2勝)の半妹。先週も取り上げたが、除外(非当選)でスライドした。9日の追い切りは1勝クラスの3歳馬(ゴーシェナイト)と併せ、ウッドチップコースで6F82.3-1F12.1を計時している。

「脚元のことも考慮し、まずはダートから使います。大型馬で緩いけど、楽に動いている。血統的にも能力はあると思います」と黒岩陽一調教師。鞍上はT.マーカンド騎手が予定されている。

【11月19日(土) 東京芝1600m(牝馬)】

◆スペルキャスター(牝、父ロードカナロア、母スペルバインド、美浦・久保田貴士厩舎)

 おじにシックスセンス(京都記念)、デルフォイ(京都新聞杯2着)がいる。そこまで目立つ時計は出していないが、ひと追い毎に上向いてきた。

「まだ気持ちの面で幼いところがあるけど、動きや反応は良くなっている」と久保田貴士調教師。鞍上は横山和生騎手が予定されている。

【11月20日(日) 東京芝1400m】

◆スズハローム(牡、父サトノダイヤモンド、母アイライン、美浦・高橋裕厩舎)

 母はオープン特別2着2回など芝の短距離戦で活躍した。ウッドチップコースの追い切りではラスト1F11秒台を連発している。

「初仔で小柄だけど、じっくりと成長を待った。いい動きをしている」と高橋裕調教師。鞍上は菅原明良騎手が予定されている。

◆ソレア(牝、父ドレフォン、母バイラオーラ、美浦・和田正一郎厩舎)

 祖母のバイラリーナはスイートピーSの勝ち馬。母はデビュー勝ちを含め、短距離戦で4勝した。近親にはコンラッド(ラジオたんぱ賞)がいる。

「キリッとした気性。血統的にも短めの距離が合いそうです」と和田正一郎調教師。鞍上はホリー・ドイル騎手が予定されている。

(取材・文:竹之内元)