11月16日(水)に大井競馬場で行われるハイセイコー記念(2歳・SI・ダ1600m)。1968年に青雲賞として創設されたレースで、2001年にハイセイコーの功績を称えて現名称へと変更。ハイセイコー自身も1972年の覇者であり、勝ち時計の1分39秒2は今もなおレースレコードとなっている。

 一昨年の1、2着馬は全日本2歳優駿でも1、2着に入ったほか、昨年の3着馬は後に東京ダービーを制した。2020年から南関東ローカルグレード最上位のSIに格上げされ、大舞台へのステップレースとして重要度はますます高まっている。発走予定日時は16日(水)の20時10分。主な出走馬は以下の通り。

■リベイクフルシティ(セ2、大井・宗形竹見厩舎)

 6月に大井競馬場で行われた1200mのデビュー戦から1600m、1400mと3戦全て異なる距離で無傷3連勝を飾り、重賞初挑戦となった前走のゴールドジュニアでは道中8番手あたりでの追走からレースの上がり3Fより1.8秒も速い強烈な決め手を発揮し、ポリゴンウェイヴを差し切った。1600mの舞台は経験済で重賞連勝に期待が懸かる。

■マンダリンヒーロー(牡2、大井・藤田輝信厩舎)

 3戦全てで上がり最速の末脚を繰り出し無敗の3連勝中。デビュー戦はスタートで出負けして最後方からの競馬となったが、直線で馬群を割って抜け出すと後続に9馬身差をつける圧勝。2戦目、3戦目もゴール前では流す余裕も見せ着差以上の強さを見せた。デビューから徐々に距離を延ばして、前走で一周競馬も経験済。連勝中の勢いに乗って重賞初制覇を飾るか。

■ポリゴンウェイヴ(牡2、浦和・小久保智厩舎)

 今年4月に門別競馬場で行われた世代最初の新馬戦でデビュー。単勝1.0倍の圧倒的な支持に応えて快勝すると、その後は徐々に距離を延ばして重賞でも連続3着に入る活躍。夏からは南関東に活躍の場を移し、準重賞と重賞で1、2着と安定感のある走りが続く。鞍上の左海誠二騎手は、調教師転身のため今月末で引退となる。重賞を勝利して自ら花道を飾りたいところだ。

 その他にもゴールドジュニアで3着に入ったピノホホッア(牡2、浦和・野口孝厩舎)、サトノダイヤモンド産駒の重賞初制覇が懸かるナチュラルターン(牡2、大井・辻野豊厩舎)、南関東最初の新馬戦を勝利したサムタイムアゴー(牡2、浦和・小久保智厩舎)などが出走予定。