11月20日に阪神競馬場で行われるマイルチャンピオンシップ(3歳上・GI・芝1600m)。GI馬5頭を始め、快速馬が集結するこのレースにソダシ(牝4、栗東・須貝尚介厩舎)が、吉田隼人騎手とのコンビで出走する。

 ソダシは父クロフネ、母ブチコ、母の父キングカメハメハという血統。白毛馬シラユキヒメを二代母に持ち、同牝系にはメイケイエールやハヤヤッコなどがいる。

 2020年7月に函館競馬場で迎えたデビュー戦を快勝。主な実績は下記のとおり。

■2020年
札幌2歳S(GIII)制覇。白毛馬史上初の芝重賞制覇。
アルテミスS(GIII)制覇。
阪神JF(GI)制覇。白毛馬史上初となるGI制覇。
ならびに同年のJRA最優秀2歳牝馬を受賞。

■2021年
桜花賞(GI)制覇。白毛馬史上初となるクラシック制覇。
札幌記念(GII)制覇。史上3頭目となる3歳牝馬による同競走優勝(ハープスター以来7年ぶり)。またクロフネ産駒として初となる2000m以上での重賞勝利。

 今年はフェブラリーSから始動し、優勝馬カフェファラオから0.5秒差の3着に好走。続く5月のヴィクトリアマイルで3度目のGI制覇を飾り、JRAにおける白毛馬初の古馬GI優勝を果たした。その後、札幌記念を経て府中牝馬Sに出走し、アタマ差の2着となった。

 JRAに所属する現役競走馬のうち、最多であるGI・3勝を挙げているのはエフフォーリア、タイトルホルダー、デアリングタクト、ソダシの4頭のみ。重賞勝利数に限定すると、6勝でメイケイエールとソダシがトップに並んでいる。数々の記録を打ち立ててきた女王が、マイルCSを制して新たな記録を更新するのか。要注目である。