シャフリヤールに注目したい。5着に敗れた天皇賞・秋から巻き返し、GI3勝目なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■11/27(日) ジャパンC(3歳上・GI・東京芝2400m)

 シャフリヤール(牡4、栗東・藤原英昭厩舎)は昨年の日本ダービー馬で、今年3月には海外遠征をしてドバイシーマクラシックを優勝。前走の天皇賞・秋は帰国初戦ということもあってか反応が一息で5着に敗れたが、明け2戦目となるここで巻き返しを狙う。鞍上はC.デムーロ騎手。

 ダノンベルーガ(牡3、美浦・堀宣行厩舎)は2月の共同通信杯でデビュー2連勝。その後世代GIでは皐月賞4着、日本ダービーでも4着と涙を呑んできたが、休み明けにして古馬初挑戦となった天皇賞・秋で3着に好走し改めて力を示している。これまで先着されてきた馬が不在で、かつ斤量55kgで挑めるここなら戴冠のチャンスは十分あるだろう。

 オネスト(牡3、仏・F.シャペ厩舎)は7月に芝2400mのパリ大賞(仏G1)を優勝、9月には2000mの愛チャンピオンS(愛G1)で2着と中距離路線で頭角を現しているフランケル産駒。凱旋門賞10着からの臨戦となるが、実績からすれば十分通用して良く、鞍上にC.ルメール騎手を据えてきた点からも不気味な存在だ。

 その他、京都大賞典を制したヴェラアズール(牡5、栗東・渡辺薫彦厩舎)、昨年のオークス馬ユーバーレーベン(牝4、美浦・手塚貴久厩舎)、2020年の三冠牝馬デアリングタクト(牝5、栗東・杉山晴紀厩舎)、2年連続の参戦となるグランドグローリー(牝6、仏・G.ビエトリーニ厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。