11月27日に東京競馬場で行われるジャパンC(3歳上・GI・芝2400m)。海外馬4頭を含む国内外の精鋭が集う一戦に、シャフリヤール(牡4、栗東・藤原英昭厩舎)がC.デムーロ騎手とのコンビで出走を予定している。
 
 シャフリヤールは、父ディープインパクト、母ドバイマジェスティ、その父Essence of Dubaiという血統。

 2020年10月に京都競馬場で行われた2歳新馬戦でデビュー。2戦目の共同通信杯で3着となり、続く毎日杯にて全兄アルアインとの兄弟制覇を達成した。昨年の日本ダービーでは、鋭い末脚で後の年度代表馬エフフォーリアをハナ差差し切り。鞍上の福永祐一騎手は日本ダービー連覇を果たした。
 
 その後、神戸新聞杯を経てジャパンカップに出走。1コーナーで内ラチに接触するアクシデントがありながらも、3着に好走した。今年はドバイと英国へ遠征を行い、始動戦のドバイシーマクラシックでは、2021年BCターフ覇者ユビアーを抑え、日本ダービー馬として史上初の海外G1タイトルを獲得。前走の天皇賞・秋は、4か月の休み明けながらハイペースを5番手で追走し、掲示板に入る走りを見せた。通算成績は9戦4勝。

 JRAは指定外国競走を優勝している外国馬または日本馬がジャパンカップに出走した際、報奨金を交付することを定めている。シャフリヤールの勝利したドバイシーマクラシックは対象レースであり、今回勝利した場合賞金4億円に加えて、1着の報奨金200万ドル(約2億8000万円)を獲得することができる。

 世界を巡ったダービー馬が、海外からの刺客を東京2400mの舞台で迎え撃つ。シャフリヤールに要注目である。