昨年のチューリップ賞(GII)を制したエリザベスタワー(牝4、栗東・高野友和厩舎)が11月23日付けでJRAの競走馬登録を抹消した。今後は北海道千歳市の社台ファームで繁殖馬となる予定。同日、JRAがホームページ上で発表した。

 エリザベスタワーは父Kingman、母ターフドンナ、母の父Doyenという血統。母は2015年の独オークス(独G1)覇者。

 2020年12月に阪神競馬場で行われた2歳新馬戦でデビュー。初陣を白星で飾ると、昨年のエルフィンS(L)で始動戦を迎え、続くチューリップ賞(GII)に出走。レースでは先に抜け出したメイケイエールに並びかけ、激しい競り合いの末に同着となり重賞初制覇を飾った。通算成績は6戦2勝。

(JRAのホームページによる)