27日、阪神競馬場で行われたカノープスS(3歳上・OP・ダ2000m)は、後方からとなった横山和生騎手騎乗の1番人気ウシュバテソーロ(牡5、美浦・高木登厩舎)が、直線で外に出されて各馬を差し切り、2着の7番人気ヒストリーメイカー(牡8、栗東・新谷功一厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分03秒7(稍重)。

 さらに1馬身差の3着に3番人気バイシュラバナ(セ5、美浦・久保田貴士厩舎)が入った。なお、2番人気メイショウフンジン(牡4、栗東・西園正都厩舎)は4着に終わった。

 勝ったウシュバテソーロは、父オルフェーヴル、母ミルフィアタッチ、その父キングカメハメハという血統。ブラジルCに続くオープン連勝を飾り、通算成績を26戦6勝とした。