テーオーケインズに注目したい。JBCクラシックに続いてビッグレース連勝なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■12/4(日) チャンピオンズC(3歳上・GI・中京ダ1800m)

 テーオーケインズ(牡5、栗東・高柳大輔厩舎)は昨年のチャンピオンズCを6馬身差で圧勝するなどGI/JpnIをこれまで3勝。前走のJBCクラシックも2馬身半差で制しており、地力は一枚抜けている。施行条件変更後では初となる連覇に期待。鞍上は松山弘平騎手。

 クラウンプライド(牡3、栗東・新谷功一厩舎)は3月にUAEダービーを優勝し、ケンタッキーダービーにも遠征。結果的には13着も、超ハイペースの流れを2番手で追走し見せ場を作った。帰国後は日本テレビ盃、JBCクラシックで連続2着と惜しい競馬が続くが、流れ一つで逆転も十分あるだろう。鞍上は福永祐一騎手。

 ジュンライトボルト(牡5、栗東・友道康夫厩舎)は芝のオープンクラスで足踏みしていたが、7月に心機一転ダートに挑戦すると適性を見せて2着。そこからとんとん拍子でBSN賞、シリウスSを連勝し、今回GI挑戦に至っている。勢いはメンバー随一で一気の戴冠があっても驚けない。鞍上は石川裕紀人騎手。

 その他、ダートでは5戦4勝、2着1回のグロリアムンディ(牡4、栗東・大久保龍志厩舎)、今年のジャパンダートダービー覇者ノットゥルノ(牡3、栗東・音無秀孝厩舎)、中京で重賞2勝のコース巧者オーヴェルニュ(牡6、栗東・西村真幸厩舎)、今年地方ダートグレード競走3勝のシャマル(牡4、栗東・松下武士厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時30分。