12/4(日)は中山・阪神・中京の3場開催。天気は中山が晴れ、阪神と中京が晴れ時々曇りの予報となっている。

■ダート王決定戦チャンピオンズC
 中京11Rはダート1800mのチャンピオンズC(GI)。連覇を狙うテーオーケインズ、JBCクラシックの2着馬クラウンプライド、ダートでは5戦5連対のグロリアムンディなどが激突する。

■ラピスラズリSに3連勝中スノーテーラーなど
 中山11Rは芝1200mのラピスラズリS(L)。スノーテーラーは7月に長期休養から復帰して以来3連勝中のアドマイヤコジーン産駒。本格化しており引き続き期待できそう。対するは、1月のシルクロードSで2着だったシャインガーネット、外国産馬ジャスパージャックなど。

■ギャラクシーSでバトルクライの3連勝なるか
 阪神11Rはダート1400mのギャラクシーS(OP)。バトルクライは今年のユニコーンSで3着馬となり、10月からは自己条件を連勝。オープン入り初戦も注目。他には、キャリア32戦目で初めてダートに挑むメイショウミモザ、前走のオータムリーフSでは斤量59kgをものともせず2着に入ったケイアイドリーなど。

■好メンバーの逆瀬川S
 阪神10Rは芝1800mの逆瀬川S(3勝)。前走休み明けの自己条件を快勝したセール高額馬ドーブネ、未勝利から2勝クラスまで3連勝していたストーリア、昨年の京都2歳S3着馬フィデル、5戦連続連対中のボーデンと将来性のある面々が集まった。

■こうやまき賞にダークブロンドなど
 中京9Rは芝1600mの2歳1勝クラス・こうやまき賞。新馬戦を快勝したサーブルオール半弟ダークブロンド、未勝利を逃げて圧勝したフェステスバント、札幌でデビュー勝ちしたアンテロースなどが2勝目を狙う。また、名古屋競馬からマジェスティック、ミトノシャルマンの2頭が参戦。

■阪神9R・さざんか賞にダンシングニードルなど
 阪神9Rは芝1200mの2歳1勝クラス・さざんか賞。JRAからはファインニードル産駒ダンシングニードルなど6頭、兵庫県競馬からピーチクパーチクなど2頭が出走。

■中京5Rでレシステンシア半弟がデビュー
 中京5Rは芝2000mの新馬戦。レシステンシアを姉に持つキタサンブラック産駒ジャスティンボルトが鞍上R.ムーア騎手でデビューするほか、ディープインパクトの最終世代メズマライジング、アヴェンチュラの仔トラヴォルジェンテなど。

■阪神5Rでショウナンパンドラの仔らが初陣
 阪神5Rは芝1800mの新馬戦。GI・2勝馬ショウナンパンドラを母に持つウォーターハウス、外国産馬ヴァンビスタ、レッドガランの半弟エイシンテムジンなどがデビュー。

■地方では2重賞
 佐賀競馬場では18時00分にウインターチャンピオンが行われ、佐賀オータムスプリントを勝利したスパーダなどが出走。帯広競馬場では19時25分にばんえいオークスが行われ、2月の黒ユリ賞勝ち馬ピュアリーナナセなどが出走する。