4日、佐賀競馬場で行われた第5回ウインターチャンピオン(3歳上・重賞・ダ1400m・1着賞金300万円)は、後方馬群から進出した石川倭騎手騎乗の3番人気ダイリンウルフ(牡5、佐賀・真島元徳厩舎)が、逃げ粘る5番人気スーパースナッズ(牝7、佐賀・手島勝利厩舎)をゴール前で差し切り、これに1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分30秒0(稍重)。

 さらにアタマ差の3着に1番人気タガノキトピロ(牡5、佐賀・九日俊光厩舎)が入った。なお、2番人気スパーダ(牡7、佐賀・東眞市厩舎)は6着に終わった。

 勝ったダイリンウルフは、父ロージズインメイ、母プッシュ、その父ネオユニヴァースという血統。佐賀再転入後2連勝で重賞初制覇を果たした。通算成績はこれで36戦9勝。