リュウノユキナに注目したい。近走の惜敗続きにピリオドなるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■12/11(日) カペラS(3歳上・GIII・中山ダ1200m)

 リュウノユキナ(牡7、美浦・小野次郎厩舎)はダート1200mに関して目下14戦連続で3着以内、そのうち13戦で2着以内と抜群の安定感を誇る。近走に関しては2・3着が続いて勝ち切れていないものの、主戦の柴田善臣騎手に手綱が戻るここで重賞3勝目なるか。

 エアアルマス(牡7、栗東・池添学厩舎)は2020年の東海Sを制して以来勝ち星から遠ざかっていたが、2度目の1200mとなった前走の室町Sで変わり身を見せて圧勝。揉まれ弱さがあるため展開に注文は付くが、脚力は上位であり今回も侮れない存在だ。鞍上は前走に続いて川須栄彦騎手。

 その他、前年の3着馬オメガレインボー(牡6、栗東・安田翔伍厩舎)、2020年の同レース覇者ジャスティン(牡6、栗東・矢作芳人厩舎)、前走オーバルスプリントで2着だったリメイク(牡3、栗東・新谷功一厩舎)、今年のクラスターC勝ち馬オーロラテソーロ(牡5、美浦・畠山吉宏厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時20分。