前走、宝塚記念で2着となったヒシイグアス(牡7、美浦・堀宣行厩舎)は、天皇賞(秋)以来となる松山弘平騎手とのコンビで26日の中山記念(4歳上・GII・芝1800m)へと向かう。

 ヒシイグアスは父ハーツクライ、母ラリズ、母の父Bernsteinという血統。

 18年11月、東京競馬場での2歳新馬戦でデビューし、続く2歳未勝利戦では2着に3馬身差をつける圧勝で初白星を手にした。19年には若竹賞を勝った後、スプリングSで重賞初挑戦。21年は中山金杯で重賞ウイナーに輝き、中山記念では1番人気に応えて重賞2連勝、石和特別(2勝クラス)から数えると4連勝を達成した。

 同年には香港Cで海外のレースに初出走。4度目のGI出走となった前走の宝塚記念は、上がり最速を叩き出すも2着だった。通算成績は15戦6勝。