前走の愛知杯を快勝したアートハウス(牝4、栗東・中内田充正厩舎)が、中山牝馬S(4歳上牝・GIII・芝1800m)で重賞連勝を狙う。

 父はスクリーンヒーロー、母は秋華賞2着のパールコードという血統馬。昨年のローズSで重賞初制覇。続く秋華賞では5着に敗れたが、前走の愛知杯で2つ目の重賞タイトルをゲット。牝馬限定のGIIIなら負けられない立場といえる。

 あえて不安材料を挙げれば、57kgの斤量だろう。過去に背負った最も重い斤量は55kgなので、まさに未体験ゾーン。近10年、中山牝馬Sのハンデ頭が[1-3-0-11]と苦戦しているのも気になるところだ。

 また、00年以降の平地ハンデ戦で57kg以上を背負った牝馬は、延べ14頭で[4-2-1-7]の勝率28.6%、複勝率50%。この数字だけを見れば悪くないように思えるが、勝ったのは07年愛知杯のディアデラノビアが最後。1番人気に限れば[1-2-1-1]と勝ち切れないケースが目立ってもいる。

 不利なデータを覆し、重賞3勝目となるかどうか。春の大舞台を見据えるアートハウスにとって、試練の一戦となるかもしれない。