ディープインパクトの血を引く馬にとって高松宮記念(4歳上・GI・中京芝1200m)は鬼門のレースだ。

 ディープインパクト産駒は20年スプリンターズSをグランアレグリアが制したことで、現在22レースあるJRAの芝GIのうち21レースを制覇。唯一、高松宮記念だけが未勝利となっている。延べ14頭が出走し、16年ミッキーアイル、20年グランアレグリアと2回の2着が最高。さらには孫世代も5頭が出走して未勝利。どういうわけか相性が悪い。

 今年はディープインパクト産駒の出走こそないが、孫世代が4頭出しだ。中心格はミッキーアイル産駒のナムラクレア(牝4、栗東・長谷川浩大厩舎)とメイケイエール(牝5、栗東・武英智厩舎)。それぞれ重賞を3勝、6勝の実力馬で、GI初制覇まであと一歩に迫っている。

 この2頭に続くのが、阪急杯でクビ差2着だったキズナ産駒のダディーズビビッド(牡5、栗東・千田輝彦厩舎)。シルバーステート産駒のウォーターナビレラ(牝4、栗東・武幸四郎厩舎)も近走は不振だが、いい頃の走りを取り戻せれば一発があっても不思議ない。

 ディープインパクト系としてJRAの芝GI完全制覇なるか。偉業達成の可能性は十分過ぎるほどにある。