日本ダービー(3歳牡牝・GI・芝2400m)は鞍上込みでトップナイフ(牡3、栗東・昆貢厩舎)に注目。過去10年のダービーを振り返ると、単勝20倍以上で馬券に絡んだのは7頭。そのうち6頭が1〜7番。また、同じく6頭に重賞orリステッドで4角4番手以内から連対という実績があった。やはり、Cコースのダービーは“内枠の先行馬”に要注意なのだ。

 この2つの条件をしっかりとクリアしたのがトップナイフだ。どちらかといえば地味キャラだが、3走前のホープフルSはファントムシーフに先着しての2着。弥生賞ではタスティエーラから1馬身差の2着に食い下がっている。前走の皐月賞では7着に崩れたが、敗因は出遅れとハッキリ。今回人気の2頭とほぼ五分の競馬を続けてきた実績は無視できない。

 鞍上は大一番で何度もアッと驚く手綱さばきを見せてきた横山典弘騎手。好位インからひと脚を使い、上位に食い込むシーンを期待したい。