カラテに注目したい。新潟大賞典に続き重賞連勝なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■6/3(土) 鳴尾記念(3歳上・GIII・阪神芝2000m)

 カラテ(牡7、栗東・辻野泰之厩舎)は約半年ぶりの休み明けとなった前走の新潟大賞典を勝利。不良馬場をものともせず重賞3勝目をあげた。7歳になっても衰えはまるで感じさせず、今回も引き続き期待できそうだ。鞍上は菅原明良騎手。

 ボッケリーニ(牡7、栗東・池江泰寿厩舎)は昨年の目黒記念など重賞2勝。今年は日経賞で2着となり、当初は目黒記念の連覇を目指していたが、トップハンデを嫌ってこちらへスライドしてきた。GIIIに入れば上位の存在と言え、久々の2000mだが勝ち負けも十分期待できそうだ。鞍上は浜中俊騎手。

 その他、同舞台のチャレンジCを連覇しているソーヴァリアント(牡5、美浦・大竹正博厩舎)、昨年の小倉記念勝ち馬マリアエレーナ(牝5、栗東・吉田直弘厩舎)、金鯱賞で2着だったフェーングロッテン(牡4、栗東・宮本博厩舎)、安田記念にも登録があるインダストリア(牡4、美浦・宮田敬介厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。