3日、阪神競馬場で行われた鳴尾記念(3歳上・GIII・芝2000m)は、直線の入り口で外から先頭に立った浜中俊騎手騎乗の5番人気ボッケリーニ(牡7、栗東・池江泰寿厩舎)が、内ラチ沿いで粘るフェーングロッテン(牡4、栗東・宮本博厩舎)との叩き合いをクビ差制して優勝した。勝ちタイムは1分59秒1(良)。

 同レースの売上は47億4647万4400円で、ヴェルトライゼンデが勝利した昨年の39億8590万800円から約8億円の増加となった。