昨年のアルテミスSを制したラヴェル(牝3、栗東・矢作芳人厩舎)が、ローズステークス(3歳牝・GII・芝1800m)で重賞2勝目を狙う。

 ラヴェルは父キタサンブラック、母サンブルエミューズ、母の父ダイワメジャーの血統。曾祖母キョウエイマーチは97年の桜花賞馬。この一族からは近年、活躍馬が続出している。半姉ナミュールは昨年のチューリップ賞覇者。叔母マルシュロレーヌは21年のBCディスタフ、叔父バーデンヴァイラーは昨年のマーキュリーCと今年の佐賀記念を制している。

 ラヴェルはここまで5戦2勝。昨夏の小倉でデビュー勝ちを決めると、続くアルテミスSでは後にGIを3勝するリバティアイランドを撃破。無傷の2連勝で重賞勝ちを果たした。その後はGIを3戦して結果が出ていないが、前走のオークスは好位から直線で一旦は先頭に立ち、2着から0秒1差の4着。他の先行勢が2桁着順に沈んだことを思えば、十分評価できる内容だった。

 メンバー中、唯一の重賞ウイナー。リバティアイランドに秋華賞で挑戦状を叩きつけるためにも、ここは意地を見せたい一戦となる。