阪神11RのJRAアニバーサリーS(3歳上・3勝クラス・ダ1800m)は阪神巧者のオブジェダート(牡4、栗東・橋口慎介厩舎)が面白い。

 昇級戦の前走は3番人気に支持されたが、後方から目立った脚を使えず、1秒3差の6着に終わった。ただ、決して合うとは思えない平坦京都だったこと、何よりスタートで挟まれて後方からの競馬になったことを考慮すれば、悲観する内容ではなかった。この一戦でクラスの壁があると判断するのは早計だ。

 阪神ダートでは6戦して[3-2-0-1]の超好成績。スタミナに秀でたタイプなので距離短縮がカギとなるが、そこは鮫島克駿騎手らしい積極騎乗でカバーできないか。メンバー構成から見て、そこまでペースが上がることは考えづらいので、前々から粘り込むシーンを期待したい。