17日、阪神競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝2000m・9頭)は、逃げた松山弘平騎手騎乗の1番人気ザパリスマッチ(牝2、栗東・茶木太樹厩舎)が、好位から脚を伸ばした2番人気ワーキングアセット(牡2、栗東・吉村圭司厩舎)に1.3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分01秒2(良)。

 さらにクビ差の3着に5番人気サンブノワ(牡2、栗東・斉藤崇史厩舎)が入った。なお、3番人気テーオーダグラス(牡2、栗東・須貝尚介厩舎)は5着に終わった。

 勝ったザパリスマッチは、父サトノダイヤモンド、母ロングホットサマー、その父Street Bossという血統。

【勝ち馬プロフィール】
◆ザパリスマッチ(牝2)
騎手:松山弘平
厩舎:栗東・茶木太樹
父:サトノダイヤモンド
母:ロングホットサマー
母父:Street Boss
馬主:社台レースホース
生産者:社台ファーム

【全着順】
1着 ザパリスマッチ 1人気
2着 ワーキングアセット 2人気
3着 サンブノワ 5人気
4着 アマゾネス 7人気
5着 テーオーダグラス 3人気
6着 タキ 6人気
7着 カレンワッツアップ 8人気
8着 シュヴァイゲン 4人気
9着 マリリア 9人気