セラフィックコールに注目したい。初の重賞もいきなりクリアなるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■11/5(土) みやこS(3歳上・GIII・京都ダ1800m)

 セラフィックコール(牡3、栗東・寺島良厩舎)は今年2月の新馬戦から無傷4連勝中のヘニーヒューズ産駒。前走の3勝クラスでは出遅れながらも、捲りを決めて後続に3馬身半差を付ける圧勝劇だった。勢いそのまま重賞戦線でも通用するかどうか、今回は試金石の一戦と言えそうだ。鞍上はM.デムーロ騎手。

 ワールドタキオン(牡5、美浦・斎藤誠厩舎)は4月の中央再転入初戦から3戦連続圧勝でオープン入りすると、続くエルムSでも差しが決まる展開ながら4角先頭から2着に好走。今回は条件替わりがカギだが本格化著しい馬であるから、あっさりこなしてきても驚けない。鞍上は斎藤新騎手。

 その他、休養明け2走目のハピ(牡4、栗東・大久保龍志厩舎)、3連勝でオープン入りしたアスクドゥラメンテ(牡4、栗東・藤原英昭厩舎)、マーチSで2着だったウィリアムバローズ(牡5、栗東・上村洋行厩舎)、今年のジャパンダートダービー2着馬キリンジ(牡3、栗東・佐々木晶三厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。