クイックバイオに注目したい。3連勝で重賞初制覇なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■11/4(土) ファンタジーS(2歳・牝・GIII・京都芝1400m)

 クイックバイオ(牝2、栗東・須貝尚介厩舎)は新種牡馬ブリックスアンドモルタルの産駒。芝1800mの新馬戦では敗れたが、札幌芝1500mを圧勝すると、続く阪神芝1400mのききょうSも押し切って2勝目をあげた。その2戦の勝ちっぷりが上々で、重賞のここも好走を期待できそうだ。鞍上は西村淳也騎手。

 キャンシーエンゼル(牝2、栗東・鈴木孝志厩舎)はバゴ産駒で、中京芝1200mの新馬戦を勝利すると、続く小倉2歳Sでは3着。前走は外差しが決まる馬場状態ながら内目から良く伸びており着順以上に強い内容だった。牝馬限定で、他に重賞好走経験がいないメンバー構成のここならチャンスは十分あるだろう。鞍上は松山弘平騎手。

 その他、新馬戦とりんどう賞で無傷連勝中のキャプテンネキ(牝2、栗東・杉山晴紀厩舎)、新馬戦を7馬身差で勝ったシュークリーム(牝2、栗東・西村真幸厩舎)、新馬戦を3馬身半差で勝ったクリノハレルヤ(牝2、栗東・武英智厩舎)、すずらん賞で2勝目をあげたドナベティ(牝2、栗東・矢作芳人厩舎)、JpnI馬ワイドファラオの妹ワイドラトゥール(牝2、栗東・藤原英昭厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。