無傷4連勝中のセラフィックコール(牡3、栗東・寺島良厩舎)が、みやこステークス(3歳上・GIII・ダ1800m)で重賞初制覇に挑む。

 セラフィックコールは父ヘニーヒューズ、母シャンドランジュ、母の父マンハッタンカフェの血統。祖母は名繁殖牝馬として名高いハルーワソングで、ヴィルシーナ、シュヴァルグラン、ヴィブロスはいとこにあたる。

 ここまで4戦4勝。今年2月のデビュー戦を8馬身差で圧勝すると、続く1勝クラス、2勝クラスの八王子特別と連勝。休み明けとなった前走の3勝クラス・JRAアニバーサリーSも後方から長く脚を使って、3馬身半差の完勝だった。同レース3着のオーロイプラータはジャパンダートダービーの5着馬、かつ次走で勝っているので、メンバーレベルも決して低くなかった。

 過去4戦、全てで出遅れている点が課題だが上がり3Fは常に最速。初の重賞でも、得意の大逆転を見せてくれるのか。名牝系から砂の大物が誕生することを期待したい。