ステイゴールド産駒のアフリカンゴールド(セ8、栗東・西園正都厩舎) が、アルゼンチン共和国杯(3歳上・GII・芝2500m)で重賞2勝目を狙う。

 ステイゴールド産駒はこれまでに06年マーメイドSのソリッドプラチナムから22年中山グランドジャンプのオジュウチョウサンまで、JRA重賞を116勝。17年連続でJRA重賞を制してきた。これは19年連続のパーソロンとクロフネ、18年連続のノーザンテースト、ブライアンズタイム、フジキセキに次ぐ記録。今年勝てば、17年連続で並んでいる父サンデーサイレンスを超えることとなる。

 アフリカンゴールドは昨年の京都記念の覇者。その後は馬券圏内が一度もないが、前走の京都大賞典では5着に踏ん張り、復調気配を示した。昨年のアルゼンチン共和国杯では10着に敗れているが、ステイゴールド産駒は意外性が武器でもある。いつも通りの積極的な立ち回りから、アッと驚く押し切りを期待したい。