11月3日(金)に大井競馬場で行われるJBCクラシック(3歳上・JpnI・ダ2000m)。大井で3競走、門別で1競走行われる『JBC2023』の大トリを飾り、チャンピオンディスタンスで行われるダート最強馬決定戦。今年は中央、地方合わせて10頭が挑む。

 南関東三冠馬ミックファイアの回避は残念だが、JRAからはダートのトップホースが集結。JpnI・3勝誇るメイショウハリオが貫禄を見せるのか、それとも重賞3連勝中のウィルソンテソーロや連覇がかかるテーオーケインズが勝ち名乗りを上げるのか。発走予定日時は3日(金)の17時。主な出走馬は以下の通り。

■メイショウハリオ(牡6、栗東・岡田稲男厩舎)

 昨年の帝王賞でJpnI初制覇を飾ると、暮れの東京大賞典でも3着とダート路線をけん引。今年に入ってフェブラリーS3着、かしわ記念1着と成長に伴って左回りも克服した。その後の帝王賞は2分1秒9の好時計で、レース史上初となる連覇達成。得意の大井2000mで昨年5着の悔しさ晴らしタイトルを獲りにいく。

■ウィルソンテソーロ(牡4、美浦・小手川準厩舎)

 デビュー3戦は芝で結果が出なかったが、ダートに転じると4連勝でOP入り。昇級初戦の名古屋城Sこそ5着だったが、続くかきつばた記念で早くも初タイトルを獲得。マーキュリーCは500mの距離延長をこなして快勝し、白山大賞典で重賞3連勝とした。父キタサンブラックにダートJpnIのタイトルを届けることはできるか。

■テーオーケインズ(牡6、栗東・高柳大輔)

 21年には帝王賞を制し、チャンピオンズCを6馬身差で圧勝。JRA最優秀ダートホースに輝くなど、一時代を築いた。昨年のJBCクラシックを制したあとは勝ち星こそ無いが、川崎記念や帝王賞では好走を披露。当レースでは過去22回で5頭と、連覇が多い。惜敗続きにピリオドを打ち、再びダート王者に返り咲けるか。

■サベージ(牡3、大井・森下淳平厩舎)

 史上2頭目の無敗三冠馬が生まれるなど、今年の南関東3歳戦線は注目を集めた。その中で京浜盃を制して、羽田盃や東京ダービーでも健闘したのが本馬。最後方から鋭く追い込むスタイルで、前走のダービーグランプリでも上がり最速を記録した。今回も追走力は課題になるが、決め手を生かしてJRA勢に食らいつきたい。

 そのほかにも、昨年の浦和記念を制したクリノドラゴン(牡5、栗東・大橋勇樹厩舎)、オープン特別を連勝中のキングズソード(牡4、栗東・寺島良厩舎)などが出走を予定している。