菊花賞馬のキセキの半妹となるハミング(牝2、栗東・中内田充正厩舎)が、日曜京都5Rの2歳新馬(芝2000m)でデビュー勝ちを狙う。

 ハミングは父ブリックスアンドモルタル、母ブリッツフィナーレ、母の父ディープインパクトの血統。半兄は17年の菊花賞馬キセキ、半姉は今年のマーメイドSを制したビッグリボン。祖母のロンドンブリッジを祖とする一族からはダイワエルシエーロ、グレーターロンドン、ビッグプラネットなど、多くの重賞ウイナーが出ている。

 中内田厩舎らしく入念に乗り込まれ、1週前のCWコースでは6F81.6-1F11.1を楽々とマーク。今週は坂路で4F53.9-1F12.4に留めたが、時計以上に素軽いフットワークが目を引いた。父がブリックスアンドモルタルに変わったことで、兄姉とは違ったタイプかもしれないが、素質はピカイチ。2頭と同じようにデビュー勝ちを決めてくれるはずだ。