現地時間11月3日、4日(日本時間4日、5日)にアメリカ・サンタアニタパーク競馬場で開催されているブリーダーズカップ。“米国競馬の祭典”と称されるビッグイベントに、日本から計8頭が出走を予定している。2日目のあすは、うち4競走で日本でも馬券発売を実施。発走は日曜の早朝となるが、日本馬の雄姿を見届けてはいかがだろうか。

 日本馬が出走するレースは以下の通り(※発走予定時刻はいずれも日本時間)。

■4:10発走 芝の古牝馬女王を決める戦い

 第4RはBCフィリー&メアターフ(3歳上牝・米G1・芝2000m)。日本からは重賞4勝馬のウインマリリンが挑む。G1連勝中のウォームハートやインスパイラルなど欧州勢も強力。地元では米G1・4勝のインイタリアンや、亜G1・2勝のディディアに注目したい。

■4:50発走 重賞6勝馬が異国で悲願なるか

 第5RはBCフィリー&メアスプリント(3歳上牝・米G1・ダ1400m)。日本での馬券発売は無いが、メイケイエールが出走する。これまで重賞6勝を挙げている実績馬。今回がキャリア初のダート戦となるが、待望のG1タイトル獲得なるか。鞍上は池添謙一騎手が務める。

■5:30発走 現役最強マイラーが世界制圧だ

 第6RはBCマイル(3歳上・米G1・芝1600m)。安田記念を連覇したソングラインと、G1初制覇を狙うウインカーネリアンが出走する。強力なライバルになりそうなのが英国のモージ。英1000ギニーやQE2チャレンジCなど現在4連勝を飾っており、勢いに乗っている。

■6:50発走 注目の“ディープ産駒”対決!

 第8RはBCターフ(3歳上・米G1・芝2400m)。今年の英・愛ダービーを制したオーギュストロダンが参戦し、日本のシャフリヤールとの“ディープ産駒対決”が実現した。オーギュストロダンは年内で引退する見込み。最初で最後になるかもしれない競演から目が離せない。

■7:40発走 米国ダート最強を決する一戦

 第9RはBCクラシック(3歳上・米G1・ダ2000m)。ブリーダーズカップ開催の中心となるビッグレースで、ウシュバテソーロとデルマソトガケが挑戦する。ホワイトアバリオやアレイビアンナイトなど地元勢も強い馬が揃ったが、日本馬にも十分チャンスがありそうだ。

■8:25発走 現役屈指の快速馬が挑む電撃戦

 第10RはBCターフスプリント(3歳上・米G1・芝1000m)。今年のCBC賞と北九州記念を連勝したジャスパークローネが世界の快速馬に挑む。前走のスプリンターズSでも果敢にハナを切って4着に健闘。強力なメンバーが揃ったが、ハナを切れればビッグタイトルに手が届いていい。