5日、金沢競馬場で行われた第71回北國王冠(3歳上・重賞・ダ2600m・1着賞金700万円)は、先手を取った丸野勝虎騎手騎乗の4番人気アンタンスルフレ(セ5、愛知・角田輝也厩舎)が、そのまま最後の直線に入ると後続を突き放して独走。2着の2番人気コスモポポラリタ(牝4、大井・宗形竹見厩舎)に8馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分50秒2(良)。

 さらに2.1/2馬身差の3着に1番人気ウラノメトリア(セ7、大井・渡辺和雄厩舎)が入った。なお、3番人気アルバーシャ(牡5、愛知・今津博之厩舎)は4着に終わった。

 勝ったアンタンスルフレは、父トーセンジョーダン、母エーシンチェロキー、その父ディープインパクトという血統。昨年に続く北国王冠の連覇を達成した。

【勝ち馬プロフィール】
◆アンタンスルフレ(セ5)
騎手:丸野勝虎
厩舎:愛知・角田輝也
父:トーセンジョーダン
母:エーシンチェロキー
母父:ディープインパクト
馬主:西村 健
生産者:栄進牧場

【全着順】
1着 アンタンスルフレ 4人気
2着 コスモポポラリタ 2人気
3着 ウラノメトリア 1人気
4着 アルバーシャ 3人気
5着 マイネルロッシュ 5人気
6着 コスモアシュラ 6人気
7着 エイシンレミー 9人気
8着 サンレイファイト 7人気
9着 マーニ 8人気