本記事ではnetkeibaオリジナルAIが推奨する本命候補3頭を特筆すべき過去の傾向とともにご紹介します。

 今週の重賞競走(平地)は土曜日に武蔵野S(GIII)とデイリー杯2歳S(GII)、日曜日にエリザベス女王杯(GI)と福島記念(GIII)が行われます。その中から京都競馬場で行われるエリザベス女王杯を取り上げます。まずは過去の傾向から。

 過去10年のエリザベス女王杯における、前走着順別成績を見ていきます。過去10年のエリザベス女王杯では、前走3着以内だった馬が8勝2着6回3着6回と好成績を収めています。一方で、前走10着以下に大敗した馬は22頭が出走し2着が1回と苦戦を強いられています。一度大崩れすると立て直すのが難しいと言われる牝馬ですので、前走である程度の結果を残し勢いを失っていない事が好走条件と言えそうです。

 続いては、過去10年のエリザベス女王杯での前走距離別成績です。過去10年のエリザベス女王杯では前走で根幹距離(400で割り切れる距離)に出走していた馬が3勝2着4回3着5回。対して、前走で非根幹距離(400で割り切れない距離)に出走していた馬は7勝2着7回3着4回となっています。

 エリザベス女王杯は非根幹距離の2200mで行われる一戦ですので、前走で非根幹距離のレースを経験している事がアドバンテージとなり、それが好結果に繋がっているのではないでしょうか。

 それでは早速ですが、今週のエリザベス女王杯でAIから導き出された月曜日時点での本命候補3頭をご紹介します。

◆ディープの血を継ぐ3頭がGI初制覇に挑む

ディヴィーナ

 母は現役時代にGIで2勝を挙げたヴィルシーナという良血馬。デビューしてからなかなか重賞を勝てなかった本馬ですが、前走の府中牝馬S(GII)で待望の重賞初制覇を達成。このレースでは押し出されるようにハナへ立ち、その後はマイペースの逃げ。直線では後続の追い上げを何とか凌ぎ切り先頭でゴール板を駆け抜けました。

 その前走府中牝馬Sは非根幹距離の1800mですので、過去の傾向を踏まえるとこのローテーションはプラスに働くはずです。また、近2走は先行策を取っていますが、控える競馬でも結果を残している馬ですので、展開を見ながら臨機応変に立ち回れるのは強みと言えるでしょうし、本格化著しい良血馬が一気にGI馬にまで駆け上がっても何ら不思議はないはずです。

サリエラ

 前走の新潟記念(GIII)は1番人気の支持を集めましたが、7着と結果を残せず。輸送による負担を軽減するため、前走のレース前は新潟で調整されていました。ただ、結果的には新潟での調整が裏目に出た印象を受けます。2走前の目黒記念(GII)では3着に好走していますし、重賞で通用する能力はあるので前走は参考外と見ていいのではないでしょうか。

 また、本馬の姉サラキアはエリザベス女王杯や有馬記念(GI)で2着に好走した実績があります。このふたつのレースはどちらも非根幹距離ですので、この距離に高い適性がある血統と考える事が出来ますし、この距離のGIならば侮れない存在と言えるのではないでしょうか。

ビッグリボン

 前走の京都大賞典(GII)は直線半ばのエンジンがかかろうかという場面で、少し狭くなる形となり力を出し切れずに8着。それに加え、下級条件でも結果を残せていない道悪での競馬だった事も敗因と考えられるので、力負けと判断するのは早計と言えます。

 2走前のマーメイドS(GIII)ではGIでも好走歴のあるウインマイティーに先着し重賞初制覇を達成。牝馬同士であれば大舞台でも上位争いに持ち込めるだけの能力は感じられます。現時点での週末の天候は晴れと予想されていますし、良馬場になれば巻き返す可能性も十分にあるはずです。

 今回は以上となりますが、枠順確定後の週末版では枠番や調教時計、天候などが加味されます。現時点で浮上しなかった馬が急上昇する事もありますので、そちらも楽しみにお待ちください!


AI予想を見る