良血馬サリエラ(牝4、美浦・国枝栄厩舎)が、エリザベス女王杯(3歳上牝・GI・芝2200m)でGI初制覇を狙う。

 サリエラは父ディープインパクト、母サロミナ、母の父Lomitasという血統。半兄のサリオスは19年の朝日杯FSなど重賞4勝。全姉のサラキアは20年に府中牝馬Sを勝ち、エリザベス女王杯と有馬記念で2着となっている。

 ここまで6戦3勝で、ローズSが2着、目黒記念は3着と重賞でも好走。加えてローズSは展開、目黒記念はフルゲートの外枠と、厳しい条件を克服しており負けて強しの内容だった。今回はGI初挑戦だが、血統のポテンシャルも含めて考えれば、十分に通用していいだろう。

 鞍上には今週から短期免許で来日するT.マーカンド騎手を確保。3年前に姉が2着に終わったレースで、悲願のタイトル奪取といきたい。