昨年2着のライラック(牝4、美浦・相沢郁厩舎)が、エリザベス女王杯(3歳上牝・GI・芝2200m)でGI初制覇を狙う。

 ライラックは父オルフェーヴル、母ヴィーヴァブーケ、母の父キングカメハメハの血統。祖母は俳優の小林薫の所有馬で、02年の桜花賞で2着だったブルーリッジリバー。半兄のブラックホールは19年の札幌2歳Sの勝ち馬で、現在は福島県の相馬野馬追で活躍している。

 ここまで12戦2勝。昨年のフェアリーSを制して以降、勝ち星はないが、エリザベス女王杯が2着、日経賞が4着、府中牝馬Sが3着と、強敵相手に何度も好勝負を演じている。脚質的にアテにしづらく、安定感に欠けるものの、嵌まった時の破壊力はメンバー中屈指だ。

 馬名の由来となっているライラックは春の花だが、この馬は秋が得意。過去の馬券圏内5回は全て9月から1月だから徹底している。戸崎圭太騎手とは過去2回のタッグで6番人気3着、10番人気3着と相性良し。徐々に外差しが決まり出した今の京都芝も追い風だ。季節外れのライラックを咲かせる準備はできている。