スワーヴリチャード産駒の勢いが止まらない。現在、2歳リーディングではエピファネイア、キズナなどのトップサイアーを抑えて、堂々の首位。先週はコラソンビートが京王杯2歳Sで産駒JRA重賞初制覇を果たすと、アーバンシックは好メンバーの百日草特別を快勝。牡牝両方でクラシックを意識させる逸材が出てきた。

 今週のデイリー杯2歳ステークス(2歳・GII・芝1600m)ではナムラフッカー(牡2、栗東・村山明厩舎)が重賞初制覇を狙う。4代母は95年の新潟大賞典と新潟記念を制したアイリッシュダンスで、近親にはハーツクライやノンコノユメなど活躍馬が多数。トニービンの4×4×5の印象的なインブリードが施されている。

 デビュー2戦目となった阪神競馬場での未勝利戦を逃げ切り。続く紫菊賞では粘って3着となった。ここは一気の相手強化だが、血の勢いも味方に、波乱の主役となっても驚けない。