7日、川崎競馬場で行われた第23回ローレル賞(2歳・牝・重賞・ダ1600m・1着賞金1200万円)は、2番手から4角で先頭に並びかけた御神本訓史騎手騎乗の1番人気ミスカッレーラ(牝2、船橋・川島正一厩舎)が、好位のインで運んで4角で先頭に並びかけた3番人気アメリアハート(牝2、北海道・小野望厩舎)を振り切り、3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分44秒0(良)。

 さらに8馬身差の3着に2番人気スピニングガール(牝2、大井・森下淳平厩舎)が入った。

 勝ったミスカッレーラは、父シニスターミニスター、母スリーメロディー、その父ネオユニヴァースという血統。デビューから無傷3連勝での重賞初制覇となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆ミスカッレーラ(牝2)
騎手:御神本訓史
厩舎:船橋・川島正一
父:シニスターミニスター
母:スリーメロディー
母父:ネオユニヴァース
馬主:辻牧場
生産者:辻 牧場

【全着順】
1着 ミスカッレーラ 1人気
2着 アメリアハート 3人気
3着 スピニングガール 2人気
4着 ボレロオブソロウ 12人気
5着 クロスレイジング 11人気
6着 テルオール 7人気
7着 フォルトリアン 5人気
8着 ウインアザレア 6人気
9着 アニモ 10人気
10着 ジョーソーレ 13人気
11着 トレイルリッジ 9人気
12着 シアワセノヨカン 14人気
13着 ザオ 4人気
14着 ムサシジェリーナ 8人気