“東の名門”国枝栄厩舎が、エリザベス女王杯(3歳上牝・GI・芝2200m)のサリエラ(牝4、美浦・国枝栄厩舎)で史上初の牝馬限定GI完全制覇を狙う。

 国枝厩舎は90年に開業。99年スプリンターズSのブラックホークでGI初制覇。その後もマツリダゴッホ、アパパネ、アーモンドアイなどを送り出し、9頭でJRAのGIを21勝している。とりわけ牝馬とは相性抜群。現在行われている牝馬限定のGI6つのうち、エリザベス女王杯を除く5つを制している。

 エリザベス女王杯はこれまで延べ5頭で挑み、10年と11年のアパパネの3着が最高着順。国枝調教師は3年後の26年2月で定年となるため、残されたチャンスは今年を含めて3回しかない。3冠牝馬でも手の届かなかったタイトルを、サリエラが名伯楽にプレゼントできるか。その走りから目が離せない。

【国枝栄厩舎の牝馬限定GI勝ち】
・桜花賞…10年アパパネ、18年アーモンドアイ
・オークス…10年アパパネ、18年アーモンドアイ
・秋華賞…10年アパパネ、18年アーモンドアイ、21年アカイトリノムスメ
・ヴィクトリアマイル…11年アパパネ、20年アーモンドアイ
・阪神JF…09年アパパネ、21年サークルオブライフ