8日、門別競馬場で行われた第18回道営スプリント(3歳上・重賞・ダ1200m・1着賞金1000万円)は、好位から脚を伸ばした桑村真明騎手騎乗の1番人気スティールペガサス(牡6、北海道・角川秀樹厩舎)が、馬群の後方からいったん置かれ加減になりながらも追い込んだ6番人気ドウドウキリシマ(牡7、北海道・川島雅人厩舎)に1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分12秒9(重)。

 さらに2馬身差の3着に4番人気スマートダンディー(牡9、北海道・田中淳司厩舎)が入った。なお、2番人気リーチ(牡5、北海道・米川昇厩舎)は5着に、3番人気ジャスパーシャイン(牡6、北海道・佐久間雅貴厩舎)は10着に終わった。

 勝ったスティールペガサスは、父サウスヴィグラス、母ホールドミータイト、その父コマンズという血統。昨年に続き連覇で重賞4勝目を挙げた。

【勝ち馬プロフィール】
◆スティールペガサス(牡6)
騎手:桑村真明
厩舎:北海道・角川秀樹
父:サウスヴィグラス
母:ホールドミータイト
母父:コマンズ
馬主:菅野 守雄
生産者:グランド牧場

【全着順】
1着 スティールペガサス 1人気
2着 ドウドウキリシマ 6人気
3着 スマートダンディー 4人気
4着 イッツクール 7人気
5着 リーチ 2人気
6着 エスポワールガイ 8人気
7着 シュロス 5人気
8着 イダペガサス 12人気
9着 エメラルアポロン 9人気
10着 ジャスパーシャイン 3人気
11着 スティールストーム 10人気
12着 フォルベルス 13人気
13着 ボサノヴァ 11人気