9日、笠松競馬場で行われた第10回ラブミーチャン記念(2歳・牝・重賞・ダ1600m・1着賞金500万円)は、逃げた岡部誠騎手騎乗の1番人気ヴィヴィアンエイト(牝2、北海道・斉藤正弘厩舎)が、2番手でレースを運んだ2番人気シトラルテミニ(牝2、北海道・田中淳司厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分42秒4(良)。

 さらに5馬身差の3着に3番人気バラライカ(牝2、北海道・小国博行厩舎)が入った。

 勝ったヴィヴィアンエイトは、父フリオーソ、母ウイングパラダイス、その父メイショウサムソンという血統。前走のブロッサムカップに続き重賞2勝目を挙げた。

【勝ち馬プロフィール】
◆ヴィヴィアンエイト(牝2)
騎手:岡部誠
厩舎:北海道・斉藤正弘
父:フリオーソ
母:ウイングパラダイス
母父:メイショウサムソン
馬主:渡邉 文子
生産者:沖田牧場

【全着順】
1着 ヴィヴィアンエイト 1人気
2着 シトラルテミニ 2人気
3着 バラライカ 3人気
4着 ショウガフクキタル 6人気
5着 エイシンコーネリア 7人気
6着 タイセイマロン 4人気
7着 アコー 5人気
8着 タノシンダモノガチ 8人気