9日、門別競馬場で行われた第66回道営記念(3歳上・重賞・ダ2000m・1着賞金2000万円)は、中団から3角で一気に先頭に立った石川倭騎手騎乗の1番人気シルトプレ(牡4、北海道・米川昇厩舎)が、中団から早めに追い上げた1番人気アナザートゥルース(セ9、北海道・田中淳司厩舎)に4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分08秒2(稍重)。

 さらに9馬身差の3着に8番人気スコルピウス(セ7、北海道・米川昇厩舎)が入った。なお、3番人気ベルピット(牡3、北海道・角川秀樹厩舎)は3コーナーのアクシデントで競走中止した。

 勝ったシルトプレは、父ワールドエース、母エアディケム、その父フレンチデピュティという血統。エルムS、日本テレビ盃でともに5着と強敵相手にも健闘していたが、地元に戻って重賞6勝目を挙げた。なお、3コーナー過ぎで逃げていたエンリルが故障、落馬して競走中止。それに巻き込まれる形で、ホッコーライデン、ドテライヤツ、ベルピット、キタノインディ、ネクサスハートも競走中止した。

【勝ち馬プロフィール】
◆シルトプレ(牡4)
騎手:石川倭
厩舎:北海道・米川昇
父:ワールドエース
母:エアディケム
母父:フレンチデピュティ
馬主:原 久美子
生産者:藤原牧場

【全着順】
1着 シルトプレ 1人気
2着 アナザートゥルース 1人気
3着 スコルピウス 8人気
4着 サンビュート 4人気
5着 ハセノパイロ 6人気
中止 ホッコーライデン
中止 ドテライヤツ
中止 ベルピット
中止 キタノインディ
中止 エンリル
中止 ネクサスハート